FXオンライン取引ワンポイントアドバイス

バイナリーオプションと確定申告


 バイナリーオプションは、投資にあまり馴染みのない人たちにも、取引が行いやすい金融商品として大きな人気を集めており、たくさんの人たちがバイナリーオプションで利益を掴んでいることと思います。

このバイナリーオプションで上げた収益は、課税の対象となっており、その収益の大きさによっては税金を納める必要が出てくるのです。
バイナリーオプションで上げられた収益は、所得としてみなされるために所得税を払う必要があり、バイナリーオプションなどの投資取引での所得は、雑所得として区分され、分離課税として扱われます。

分離課税とは、本業などの所得とは別枠で計算をするものとなっており、例えば会社に勤めていたり、パートなどをしているなどで給与があるのであればそれとは分けていくことになり、また、自営業などをしている場合には、その売り上げなどでの利益とは合算できないということになり、個別に課税額が決定されることになります。
また、バイナリーオプションなどの所得は申告制となっているために、これらを別に集計した上で、税務署に対して確定申告を行い納税額を決定しなくてはならないのです。

雑所得を集計する期間は、毎年の1月1日から12月31日までとなっており、この期間のでの収益を翌年の2月の半ばから3月の半ばの期間に確定申告を行います。
課税の対象となる金額は、給与などの所得があるケースであれば20万円を超えた場合に、そうしたものがないケースには38万円を超えた場合となっており、この金額に満たない時には課税の対象とならなくなり、納税を行う必要はなくなります。

しかし、これを超えた収益がある場合は確定申告をし、税金を納めなくてはならないのです。
確定申告の手続きには慣れていないという人が多いとは思いますが、これをしておかなくては、税金を払うことができませんし、また確定申告が億劫だとしてそのままにしておくと、後々に調査などが入ることもあります。

また、バイナリーオプションの取引きを扱っている取引業者からは、税務署に対して顧客の収益などの報告は行われていますので、誰がどれだけの利益を上げているのかという事は、比較的簡単に突き止められてしまいます。
こうしたことからも、しっかりとした確定申告を行い、分からない場合などは税務署に相談に行けば丁寧に教えてくれますので、確認をすることをお勧めします。

また、確定申告を行うことにより必要経費を計上したり、FX取引などの他の投資取引の収益があるのであればそうしたものを合算して計算できる損益通算を適用することもでき、このようなものを用いれば減税や節税が可能になりますので、確定申告は怠らないようにすることをお勧めします。